訪問見積もりは引っ越しに必要な物を事前に調べられる

円滑に進める

見積り書でチェックしておくべきポイント

引っ越し準備で業者に見積り依頼を出すと見積書を渡されます。この見積書でチェックしておきたいポイントとして、見積書の名目がきちんと見積書と書かれているかを確認するようにしましょう。業者によっては見積書ではなく、契約書と書かれていることもありそこにサインしてしまうとその内容で引っ越しを依頼したことになってしまうため気をつける必要があります。また引っ越しの日付や荷物の積み下ろし場所が引越し先に当てはまるのかを見る必要もあります。また持っていく荷物に対して運び出す人数や、運ぶトラックの大きさも調べておくといいですね。人数とトラックの大きさで引っ越しに掛かる時間を大まかに計算することが出来ます。

訪問見積もりを利用する

ダンボール

訪問見積もりを行うメリット

訪問見積もりとは引っ越しの準備をする際に、引っ越し業者が直接家に来てどのように荷物を運び出すのか、運ぶために何が必要になるのかを調べて見積もるサービスになります。また訪問見積もりを行うメリットとしては引っ越し業者が細かく状況を知ることが出来るので、見積りの金額と実際に料金に差額があまり生じないことになります。またどれだけの荷物を運び出すのかを判断出来るので、梱包に使うダンボールを無料でもらうことも出来るのです。電話などの問い合わせよりも確実なので多くの方が利用しているサービスになっています。

訪問見積もりに掛かる時間

訪問見積もりに掛かる時間は荷物の量と住んでいる場所の立地によって異なってきます。一軒家や比較的ひらけた場所に住んでいるのであれば荷物を運ぶためのトラックなどを停車して起きやすいと判断が出来るので運び出し方もすぐに決まります、また荷物の量が少ない場合も同様でスムーズに作業が進められると考えられるため見積りの時間も掛からないでしょう。こうした場合では訪問見積もりに掛かる時間として15分程度となっており、一般的な荷物の量であれば30分から難しい状況なら1時間30分ほど掛かることもあります。

見積りを依頼する業者の選び方

訪問見積もりを含めて引っ越しの費用を見積り依頼する場合、複数の会社に依頼するのが一般的です。この場合どのような業者を選べばいい良いのかの基準として、年間でどれだけの引っ越し件数をこなしているのかを基準にするといいでしょう。依頼件数が多い業者は、サービスが良かったり評判が良いという判断が行えます。またリピーターが多いと自然に件数を増えていくのでこうした判断基準で選ぶといいですね。他には保険の内容や梱包資材の豊富さを調べるのも良い判断基準になります。

引っ越しの業者を選ぶ上で役立つ情報

ダンボール

訪問見積もりを利用する

見積りは電話やインターネットだけで行うものではありません。実際に現場を見てもらう訪問見積もりという方法もあるのです。訪問見積もりでしか得られない情報もあるので調べて役立てましょう。

READ MORE
電卓

単身赴任に向いている引っ越し方法

仕事の都合で違う県に住む方も増えてきています。こうした単身赴任の場合に多くの引っ越し業者で行っている単身赴任パックを利用したり、混載便や帰り便を使って引っ越し費用を安く済ませましょう。

READ MORE
広告募集中